このページの先頭です

特別展示「甲子園の足跡(そくせき)~枝川・申川から甲子園へ~」

更新日:2024年6月20日

ページ番号:24743844

甲子園球場開場100周年記念!!

 令和6年(2024)8月に、阪神甲子園球場開場100周年を迎えます。甲子園球場が立地する場所は、かつての武庫川の支流であった枝川・申川の分岐点に当たります。武庫川の治水対策により廃された枝川・申川の跡に生み出された土地に建設されたのが「甲子園大運動場(甲子園球場)」です。
 その後スポーツや娯楽施設・郊外住宅地が開発され、「甲子園」の名称は球場の名称から地域の名称へ広がり、さらに高校野球やプロ野球の人気とともに、全国へ伝わることになります。
 特別展示では現在、地名として「甲子園」が付されている地域とその周辺を甲子園地域としてとらえ、枝川・申川があったころの周辺地域の様子、両河川の廃川、球場誕生、スポーツの聖地や優良郊外住宅地化する様子など、甲子園地域の足跡をたどります。

西宮市鳥瞰図部分拡大

西宮市鳥瞰図(昭和11年)部分(甲子園付近拡大)

開催期間

2024年7月20日(土曜)から9月1日(日曜)
休館日:毎週月曜(祝日の場合でも休館です。)

開館時間

10時から17時まで(入館は16時30分まで)

展示図録

第39回特別展示図録『甲子園の足跡(そくせき)~枝川・申川から甲子園へ~』200円

関連書籍

  • 第31回特別展図録『阪神沿線ごあんない』200円
  • 共同展図録『阪神沿線まちと文化の110年』1,300円

展示解説会

開催日時

第1回:2024年7月27日(土曜)10時30分から(受付は10時から)
第2回:2024年8月17日(土曜)10時30分から(受付は10時から)
いずれも45分程度。
内容は同じです。ご都合の良い日程でご参加ください。

開催場所

西宮市立郷土資料館 展示室

定員

20名(先着順)

参加費

無料

特別講演会※要申し込み

開催日時

2024年8月10日(土曜)13時30分から15時(開場13時)

講師

丸山 健夫 氏(武庫川女子大学名誉教授)

会場

西宮市立郷土資料館 講座室(2階/エレベーターあり)

定員

50名(先着順)
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

申込み方法※インターネット申込み(にしのみやスマート申請)

下記リンク先で必要事項を入力、もしくは二次元コードを読み取りお申込みください。
リンク【講演会】特別展示「甲子園の足跡(そくせき)~枝川・申川から甲子園へ~」参加申込み申請(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
特別講演会参加申込み申請QRコード
※お申込みの受付は2024年7月14日(日曜)0時ちょうどからです。

申込み締切り

2024年8月9日(金曜日)17:00まで

参加費

無料

アクセス

電車

阪神電車「香櫨園(こうろえん)」駅下車、南へ徒歩6分
JR「さくら夙川」駅下車、南へ徒歩14分
阪急電車「夙川」駅下車、南へ徒歩17分

バス

阪神バス西宮浜手線(阪神西宮南口-泉町-阪神西宮南口)「川東町」バス停下車すぐ
阪神バス尼崎芦屋線(阪神尼崎-JR西宮駅前-阪神芦屋)「夙川」バス停下車南へ徒歩13分

車でのご来館

駐車場はありません。
周辺道路は駐車禁止区域となっておりますので、電車・バスをご利用ください。
西宮市大谷記念美術館前の西側駐車場(徒歩15分)がご利用いただけます(無料)。

兵庫県西宮市川添町15-26
西宮市教育文化センター内

電話番号:0798-33-1298

本文ここまで