このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

産婦健康診査費用助成について

更新日:2020年11月25日

ページ番号:68541390

令和2年10月1日より、産婦健康診査の費用助成を開始しました!

西宮市では、令和2年10月1日より、受診助成券による産婦健康診査の費用助成を実施しています。
産後はホルモンバランスの変化に加え、赤ちゃん中心の生活になるなど環境も大きく変化するため、この時期のお母さんのからだとこころは、疲れがたまりやすい状態です。
産婦健康診査を受けて、お母さんのからだとこころが順調に回復しているか確認しましょう。

1.産婦健康診査とは

産後1か月頃に医療機関や助産所で行われる健診です。産後のからだとこころの状態を確認します。
産婦健康診査では、問診・診察、体重・血圧測定、尿検査、こころの健康チェックを実施します。


※医療機関・助産所により、実施する時期・回数が異なる場合があります。

2.助成事業の内容

対象者

受診日時点で西宮市に住民登録のある、産後8週未満の産婦。


交付物

申請した方には、次の2種類の産婦健康診査受診助成券を交付します。

  • 産後2週間券 2枚(2枚で1回分)
  • 産後1か月券 2枚(2枚で1回分)

受診時期・回数

産後1か月頃に1回。
医師等が必要と判断した場合は産後2週間頃にも1回実施可能。(助成上限回数2回)

助成額

1回あたり上限5,000円

健診項目

問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、こころの健康チェック

注意事項

  • 令和2年10月1日以降に受診された産婦健康診査が助成対象です。
  • 助成金額を超えた分の費用や、保険診療は自己負担です。助成金額を下回った場合、おつりはでません。
  • お子さまの健診費用や上記健診項目に記載のない健診は助成対象外です。
  • 受診日時点で西宮市外へ転出されている方は助成対象外です。市外転出される方は、転入先の市区町村で提出する「転入届」の異動日(お引越し日)の記載にご注意ください。異動日以降に受診した産婦健康診査は、費用助成の対象外となります。
  • 市外転出や流早産などにより使用しなかった受診助成券は、地域保健課までご返却ください。(転入先の市区町村で受診助成券の余りを提出する必要がある場合を除く。)

3.受診助成券の受け取り方法

「妊婦健康診査受診助成券」または「妊婦歯科検診受診券」の申請受付日によって受け取り方が異なります。
申請受付日は、受診助成券・受診券に記載がありますのでご確認ください。(券上部の枠の右側)


産婦健康診査受診助成券の受け取り方法
申請受付日受診助成券の受け取り方法
令和2年3月末まで

8月中旬に、対象者へ申請書を発送しました。同封の返信用封筒にてご返送ください。
申請書の内容確認後、受診助成券を郵送いたします。申請書が届かない場合は、中央保健福祉センター(電話:0798-35-3310)までお問い合わせください。お急ぎの場合は、各保健福祉センターの窓口でご申請いただくと、その場で受診助成券をお渡しいたします。

令和2年4月~7月末

9月中旬に、対象者へ受診助成券を発送しました。受診助成券が届かない場合は、中央保健福祉センター(電話:0798-35-3310)までお問い合わせください。

令和2年8月以降に申請する場合

申請時に受診助成券をお渡しします。
下記申請場所にて「妊婦・産婦健康診査受診助成券、妊婦歯科検診受診券申請書」を提出してください。※同時に母子健康手帳の交付手続きをする場合は「妊娠届出書」もご提出ください。
【申請書類】

【申請場所】

【関連リンク】

(ご注意)アクタ西宮ステーションでは、受診助成券は即日発行できず、希望により後日郵送可能。郵送を希望される方は、宛名を書いて210円分の切手を貼った返信用封筒(封筒の大きさ:角形2~5号)を申請時にご提出ください。受付日から1週間程度で郵送します。速達希望の場合は、上記送料に290円分を追加した切手を貼り、封筒上部に「速達」と朱書きしてください。



4.受診助成券の使用方法

1 出産予定の医療機関に、「西宮市産婦健康診査受診助成券」が使用可能か確認してください

  • 受診助成券は、西宮市と契約している医療機関・助産所でのみ使用可能です。市と契約していない医療機関で受診予定の場合でも、受診までに医療機関が新たに市と契約を結べば受診助成券を使用することができるようになります。
  • 妊婦健康診査の費用助成とは異なり、西宮市と契約していない医療機関・助産所で受診した方に助成する制度(償還払い)はありません。

2 受診日の前日または当日に、受診助成券の「こころの健康チェック票」を記入してください

  • こころの健康チェック票は、できるだけ周りに人がいない状況で、1人で記載してください。
  • 必ずすべての項目に回答してください。
  • こころの健康チェックを実施しなかった場合は助成対象外となります。

3 産婦健康診査受診日に、医療機関へ受診助成券を渡してください

  • 産婦健康診査受診助成券は2枚1組で使用してください。

5.契約医療機関一覧

年度途中で契約医療機関が変更する場合がありますのでご注意ください。

6.よくある質問

産婦健康診査費用助成についてのよくある質問は、下記のページでご覧ください。

7.医療機関の方へ

西宮市の産婦健康診査助成事業について、新たにご契約いただける場合は、地域保健課産婦健康診査担当(電話:0798-35-3310)までご連絡のうえ、下記の「西宮市産婦健康診査助成事業 医療機関連絡票」をFAX(FAX番号:0798-26-0616)もしくは郵送でお送りください。契約は随時受け付けており、年度途中でも契約可能です。


※なお、妊婦健康診査費用助成事業については、年度途中の契約は受け付けておらず、次年度4月からの契約となります。新たにご契約いただける場合は、1月までに地域保健課妊婦健康診査担当までご連絡ください。


関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ先

地域保健課

西宮市染殿町8-3 西宮健康開発センター

電話番号:0798-35-3310

お問合せメールフォーム

hokenservice@nishi.or.jp

本文ここまで


以下フッターです。

西宮市役所

法人番号 8000020282049

〒662-8567 兵庫県西宮市六湛寺町10番3号
電話番号:0798-35-3151(代表)
執務時間:午前9時から午後5時30分(土曜・日曜・祝日と12月29日から1月3日の年末年始は除く)

支所・サービスセンターなどについてはこちら

Copyright 1997 Nishinomiya City
フッターここまでページの先頭へ